葬儀・お墓・法要の総合情報ナビ

画像

モノを整理する

終活に取り組むにあたって、一番最初にやっておきたいこと、それがモノの整理です。
そして、遺族が処分に困るモノとして一番に挙げられるのが「写真」。
思い出の品を前に遺族が当惑してしまうというのは、意外とよくあるケースなのだとか。

その他にも、布団や本、コレクションや衣類などは自分でしっかりと処分しておきましょう。
これらの身辺整理は気力や体力が必要になるものですから、元気が残っているうちに取り組むのが理想的です。
体力や判断力が衰えてしまうと、なかなか実行に移すことができません。
その結果として、終活が終わらないまま人生のエンディングを迎えるというケースもある様です。

年齢を感じる様になってきたら、身の回りに「モノ」を増やしすぎないように工夫することが大切。
それと同時に終活のタイミングで思い切った身辺整理をしておく必要があると言えるでしょう。
いずれも気力と体力が充実しているうちに実行しておくのがポイントです。

また、モノをしっかりと片づけた状態を維持することによって、住空間そのものもスッキリしますし、心もキレイになります。
生活の質そのものが向上しますから、実行する価値は非常に高いと言えるでしょう。
さらに、遺品や財産の内容を整理することによって、遺族の相続トラブルを防止することにもつながります。

こういった「モノの整理」を終活のタイミングで自分で終わらせることには、他にも意味があります。
実は最近では遺品整理を専門の業者に依頼する人が増えているのです。
自分の残したモノを全くの他人に触られたくないという人もいらっしゃるでしょう。
そんな方は、しっかりと整理を進めることを御すすめします。

こんなポイントを意識して

モノの整理には、こんなポイントを意識するのが大切です。
それが、捨てるものと残すものをハッキリと区別すること。
思い切って割り切り、本当に必要なもの以外は処分してしまうことも重要ですよ。

もちろん、使えないものはその場で捨てたり、使わないモノは寄付したり人に譲ったりしましょう。
捨ててしまうというのも、一つの選択肢でしょう。
勿体ない、いつか使うかも知れないという誘惑をしっかりと断って、整理を進めていくことが大切ですよ。

また、残したモノに関しても整理整頓を心がけましょう。
使用する目的と頻度に応じて、置き場所を決めていくことも大切ですし、引き出しやラックを活用して住空間を広々とさせるのも大切です。
また、置くモノは最低限にとどめて、必要以上に増やさないようにしましょう。

これらのポイントを意識すれば、終活はより効率よく進んでいくでしょう。

メニューリスト

特集ページ一覧

Ranking

    戒名:一律3万円


    葬儀社:料金無料比較


    お仏壇ランキング1位

その他の終活情報

Copyright© 2010 Bochi Navi Web All Rights Reserved.