葬儀・お墓・法要の総合情報ナビ

画像

お墓と納骨堂の違い

お墓と納骨堂の違いとは、お墓が遺体や遺骨を収蔵する施設であり、
納骨堂が遺骨を預けて保管してもらう施設である、という点です。

納骨堂は一般的には預かり期間、管理期間が定められているものが多く、
一時的に遺骨を預かってもらうところだと認識されていましたが、
最近では永代供養墓として利用するケースも増えてきました。

遺骨の収蔵方法は、納骨堂はロッカー式や仏壇式など、利用者ごとに区切られたスペースに骨壷を収蔵し、お墓は土の中に収蔵します。

設備や保管場所については、納骨堂はエレベーターや冷暖房、バリアフリーなどにも配慮している施設もあります。
屋内にあるので清潔で明るく、管理がしやすくてメンテナンスの必要がほとんどないのですが、お墓参りのように水をかけることはできません。
お墓は屋外にあるため草抜きや掃除など、維持するための手間が必要になる上に、天候に左右されます。
長期になると墓石のメンテナンスやクリーニングが必要となります。

立地については、納骨堂は都心部にあることが多く、駅から徒歩すぐなど交通の便が良いところに建てられています。
お墓は郊外にあることが多いので、車での移動が必要になったり、交通の便があまりよくありません。

試用期間については、納骨堂はお墓ができるまでの一時的な利用や期間を選べるもの、代々受け継ぐことができるものもあります。
お墓は受け継ぐ人がいれば先祖代々引き継がれていきますが、引き継ぐ人がいなくなると無縁墓となってしまいます。

価格については、納骨堂はグレードによりますがお墓に比べれば安価です。
相場は50万円前後ですが、グレードが高くなると100万円以上するものもあります。
また、管理費がかかるところもあります。
お墓は土地代、墓石、工事費、永代使用料など高額な費用がかかります。
相場はだいたい150万円前後で、管理費がかかるところもあります。

管理や費用的な面から考えてみると、納骨堂をお墓代わりにするのはメリットがありそうです。
しかし地方に行ってみると、土地にまだ余裕があって墓地を作れることもあり、
納骨堂をお墓代わりにするということはまだまだ普及しておらず、忌み嫌う人が多いというのも事実です。

メニューリスト

特集ページ一覧

Ranking

    戒名:一律3万円


    葬儀社:料金無料比較


    お仏壇ランキング1位

その他の終活情報

Copyright© 2010 Bochi Navi Web All Rights Reserved.